酒蔵紹介

酒蔵紹介 ー津南醸造ー

酒造りの特徴

“名水百選”に選ばれた豊かな清冽な地元の天然湧水と、県下一の品質を有する酒米【五百万石】を使用して仕込んでおります。酵母を増やすために、三段仕込みという手法でゆっくりと熟成されたお酒は低温によってまろやかさがあり、酒米により、喉ごしがよく、淡麗にしてふくらみのある旨味があります。

また、天然湧水の柔らかさを活かし、後味をキレイにスッキリとしているためどんな料理にも合わせやすいと評価を戴いています。


酒造りへのこだわり

酒蔵【津南醸造】は秋山郷の入り口、自然豊かなブナ林に囲まれた中にあります。この土地は、新潟県の南部、豪雪地でも知られ標高2000メートル級の山々に降り積もった雪が水源で、この天然の湧き水こそが蔵の仕込み水になっている水です。酒蔵から700メートル登った所から湧き出る名水は超軟水で“粒子の細かいまろやかな水”と言われておます。
また、酒米は地元の味【五百万石】100%にこだわり仕込みあげています。酒造好適米の中でも日本一の作付け面積を誇る酒米【五百万石】は、新潟の他にも、富山、石川、福井などの北陸を中心に生産高が増えています。

しかし種もみは元々新潟県津南町生まれなのです。そして収穫高の少なくなった五百万石をこの津南醸造のために復活させたのです。今でも五百万石の種もみ生産をほとんど一手に引き受けているのが津南町なのです。この土地の農民が“自ら酒をつくれば、酒蔵がどんな米を欲しいのかよくわかり、さらに質のいい五百万石をつくるためにも役に立つ。”という想いで生産され、昭和32年(1957年)に、新潟での生産高が500万石を突破したことを記念して命名されました。
そして、津南醸造の代表銘柄の多くも、現在も変わらず地元の農家が自ら津南醸造の為に栽培した五百万石で仕込みあげています。地元農家で栽培された酒米、五百万石にこだわり、顔の見えるお米で冬期間のみ仕込んだお酒です。


代表銘柄「霧の塔」「名水の恵」

苗場山系の雪解け水と魚沼の酒米五百万石が育んだ銘酒、「霧の塔」。幅のあるコク味と引き締まった後味。冷やして良し、燗して良し。料理を問わず、幅広くどんなシーンにも楽しめる通のお酒です。
もうひとつの「名水の恵」は、「結婚式や長寿のお祝いにも使えるように」するために、名称に縁起のいい言葉をつかったものです。クールな雰囲気の名前の「霧の塔」に対し、清らかな水が生み出すふくよかでやさしいイメージを大切にしました。

平成23年11月の第82回関東信越国税局酒類鑑評会では『吟醸の部』『純米の部』にエントリーし、審査の結果霧の塔が両部門で優秀賞をダブル受賞を達成しました。大吟醸霧の塔は、これまでも同鑑評会にて過去(平成18、20、21年)にも受賞経験があり、その品質の高さを県内外に誇っております。


杜氏の想い

津南醸造設立当時から酒造りに関わり、杜氏になるまでの全てをこの場所で教りました。米の出来は毎年違うので、今までの経験から米の状況を見て仕込んでいます。酒造りは、その年の気候や温度米の状態によって様々な変化があるため、杜氏であっても“毎年が一年生”であり、“農家さんからお客様の口に入るまでが酒造り”のため、毎年が挑戦です。